第弐回 聖書の時間 創世記 第2章 ~天地万物は完成された。~

創世記 第2章

天地万物は完成された。第七の日に、神は御自分の仕事を完成され、第七の日に、神は御自分の仕事を離れ、安息なさった。この日に神はすべての創造の仕事を離れ、安息なさったので、第七の日を神は祝福し、聖別された。

これが天地創造の由来である。

主なる神が地と天を造られたとき、地上にはまだ野の木も、野の草も生えていなかった。主なる神が地上に雨をお送りにならなかったからである。また土を耕す人もいなかった。

しかし、水が地下から湧き出て、土の面をすべて潤した。主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。主なる神は、東の方のエデンに園を設け、自ら形づくった人をそこに置かれた。主なる神は、見るからに好ましく、食べるに良いものをもたらすあらゆる木を地に生えいでさせ、また園の中央には、命の木と善悪の知識の木を生えいでさせた。

エデンから一つの川が流れ出ていた。園を潤し、そこで分かれて、四つの川となっていた。第一の川の名はピションで、金を産出するハビラ地方全域を巡っていた。その金は良質であり、そこではまた、琥珀の類やラピス・ラズリも産出した。第二の川の名はギホンで、クシュ地方全域を巡っていた。第三の川の名はチグリスで、アシュルの東の方を流れており、第四の川はユーフラテスであった。

主なる神は人を連れてきて、エデンの園に住まわせ、人がそこを耕し、守るようにされた。主なる神は人に命じて言われた。

「園のすべての木から取って食べなさい。ただし、善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう。」

主なる神は言われた。

「人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう。」

主なる神は、野のあらゆる獣、空のあらゆる鳥を土で形づくり、人のところへ持って来て、人がそれぞれをどう呼ぶか見ておられた。人が呼ぶと、それはすべて、生き物の名となった。人はあらゆる家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名を付けたが、自分に合う助ける者は見つけることができなかった。

主なる神はそこで、人を深い眠りに落とされた。人が眠り込むと、あばら骨の一部を抜き取り、その跡を肉でふさがれた。そして、人から抜き取ったあばら骨で女を造り上げられた。主なる神が彼女を人のところへ連れて来られると、人は言った。

「ついに、これこそ

わたしの骨の骨

わたしの肉の肉。

これをこそ、女(イシャー)と呼ぼう

まさに、男(イシュ)から取られたものだから。」

こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる。

人と妻は二人とも裸であったが、恥ずかしがりはしなかった。

日本聖書協会 新共同訳聖書より


前回の課題の答えは?

どうもタイソンです!

今回も引き続き聖書の時間として、旧約聖書の創世記に触れていきたいと思います。

前回の記事では第1章で出た疑問点を次の礼拝の時に牧師さんに聞いてみると言って終わっていたと思います。

一つが、「何故神様は世界を作るのに6日間を要したのか」

もう一つが、「途中で神様が言っていた我々とは何者を指しているのか」

うーん、気になりますねぇ。

とても気になるのですが、残念なことに礼拝には行けなかったので結局、牧師さんからの答えは聞けていません。

これはまた次の機会に聞くことになりました。

とまぁ前回の疑問点は先送りになったので、とりあえず今回の第2章の内容に触れていきましょうか。


安息日の由来

でました!

安息日です。

キリスト教徒の週間で誰もが知っているのが安息日なのではないでしょうか?

安息日には、その名の通り仕事はお休みにして、キリスト教徒なら教会に行って礼拝をするわけです。

といっても教会に行くのはキリスト教徒でも基本的には自由なので、絶対に行かなきゃいけないわけでもないですし、安息日でも仕事をしてる人もたくさんいます。

その辺の決まりは、教派によって変わってきます。

僕なんかはこの記事を書いている安息日である今日は教会には行けなかったのですが、こうして聖書を読んで、内容を深堀りして考察してみたりしてる感じです。

今日では、安息日の過ごし方は人それぞれといった感じになっています。

「キリスト教に興味があるけど日曜日に休みが取れない」

といった悩みがある場合は、深く考える必要はないと思います。

新約聖書になるんですが、マタイによる福音書の12章では、イエスが手の萎えた人を救おうとした時に人々は、安息日に病気を治すのは律法違反だと言ったんです。

まぁ仕事をしてることになるからでしょうね。

しかし、イエスは善いことをするなら安息日でも構わないと言ったんです。

なので、あなたの仕事が世の中の誰かの為になっているなら、安息日でも仕事をして構わないと思うんです。

安息日は神様の聖別された日なので、聖書を読んだり祈るだけでもいいんだと思います。

重要なのは信仰をしっかりと保つことだと思うので…


最初の人間アダムの語源は土(アダマ)からだった!

諸説ありますが、人は土から生まれ死ぬと土に帰るという考えから、ヘブライ語で地面を意味するアーダームから最初の人間がアダムと呼ばれるようになったとか。

しかし、ここで曖昧なのがこのアダムという呼び名が最初の人間個人を指しているのか、人類全体を指しているのかというところなんです。

今回の創世記第2章の中でも表現は曖昧だったそうです。

”だったそうです”…

何故、僕がいま”だったそうです”と過去形で書いたのか。

それは聖書が翻訳されたものだからなんです。

「何を当たり前なことを言ってんだ」

と思うかもしれませんが、これにはちょっと訳があるんです。

話を戻してアダムという言葉に戻ります。

新共同訳の聖書では創世記第2章で、アダムのことを”人”と書いている場面が結構あります。

ここで疑問が生じないですか?

最初に人間は土(アダマ)で作られたためアダムと呼ばれたと書いてありましたよね?

なのに、最初の人間をアダムと呼ばずに、”人”と書いているんです。

アダムが名前ならアダムと書けばいいものをわざわざ”人”と表記するんです。

一方、聖書はもともとヘブライ語で書かれていたものなのでそのおおもとを見てみると、そっちではアダムと表記されているんです。

ヘブライ語では人間のことをアダムと言うんです。

もちろん個人名でもアダムと言う名前はあるそうなんですが、一般的な名詞として人間を指す言葉としてアダムという言葉が使われているんです。

そう考えてみると、もしかしたら最初の人間には名前がなかったのではないかと思えてきませんか?

最初の人間の名前はアダム。

それがもし、もともとの聖書が英語で書かれたものだったら、最初の人間の名前がマンになってたかもしれないですよね?

実はアダムとは最初の人間の名前ではなかった説。

信じるか信じないかはあなた次第です!


エデンの園から流れる4つの川

エデンの園には川があり、途中で4つに分かれていたそうです。

それぞれには名前があり。

ピション川、ギホン川、チグリス川、ユーフラテス川の4っつでした。

僕はエデンの園の場所を知る手がかりになるのではないかと、そう考えたんです。

そうなると夢は膨らみます。

エデンの園の場所が分かれば、命の木も善悪の知識の木も見に行くことができるのでは?

ロマンが溢れますねぇww

しかし。

チグリス川とユーフラテス川はあっても、ピション川とギホン川がないんですね。

なんだかいろいろ調べてみると、ピション川は今のインダス川なんじゃないかとか、ピション川とギホン川二つで形成されたのがナイル川なんじゃないかとか、いろいろな説が出てるようなんです。

そんな中で僕がなんとなく腑に落ちた説は、どちらも今は涸れてしまってなくなってしまったのではないかという説なんです。

これはあくまでも僕の個人の考えですよ。

別に涸れてしまった説が正しいんじゃないかと思う根拠はありません。

ただなんとなくこの説が一番納得いくってだけなんです。

その昔、地球上では海面が上がったり下がったり、地盤も沢山動いてきました。

昔あった川がなくなっててもなんらおかしくないと思うんです。

ねぇ。

エベレストだってその昔は海に沈んでたわけじゃないですか。

川の1本や2本涸れててもおかしくないでしょう。

まぁ気になる人は調べてみると、面白いかもしれませんね。

エデンの園を見つけたら連絡くださいww


地上の生き物に名前を…

神様は人の相棒を決めるためにいろんな生き物を作ってオーディションを開いたわけです。

その時についでなのかわかりませんが、人に名前を付けさせたんです。

これはめちゃくちゃ楽しかったんだろうなと僕は思うんです。

人にとってはすべての生き物が初めて見る物だったわけですよ!

しかも、それに名前を付けていいんですよ!

直感でどんどん付けていったのでしょうか?

それとも、じっくり考えて付けていったんでしょうか?

ただ結局のところ相棒としてしっくりくる生き物はいなかったようです。


女性は男性のあばら骨からできた?

これはビックリww

まさかのあばら骨でしたからねwww

ということは複製みたいな感じなんでしょうか?

こんな話を聞いたことはないでしょうか?

鳥が最初か卵が最初か…

最初に鳥がいて、その鳥が卵を産んでそこから始まったのか…

それとも卵が最初にあって、そこから鳥が生まれて始まったのか…

これが人間だったら、先ず最初に女がいて、女から男か女が生まれる。

普通はそう考えると思うんです。

だって男からは人は生まれません。

しかし、旧約聖書の創世記”では”違ったんですね…

最初の人間はどうやら男だったようです。(ちなみにイエス・キリストは女性から産まれてます。)

そして、男のあばら骨から女が作られたそうなんです。

なぜあばら骨だったのか?

その理由はよくわかりませんが、ここで僕は思ったんです。

「ってことは男性の方が女性より肋骨の本数が少ないんじゃね?」

調べてみたところ、そんなことはありませんでした。

人間の肋骨は基本的に12対24本だそうで、男女で違うことはみたいです。

まぁ聖書の創世記が書かれた当時、医学は今ほどでもなかったですし、解剖学自体なかったんじゃないでしょうか?

なので男女の体型の違いは骨の数なんじゃないかとか、そういうふうに考えられていた可能性も無きにしも非ずといったところでしょうか…

まぁその辺をもっと深堀りしていきたい人は是非とも調べてみてください(僕はこれ以上は面倒くさいので調べませんwww)


まとめ

とまぁ長々と書いてきたんですが、第2章の内容は僕個人としては、結構面白くて興味深い個所が多かったです。

第1章では世界の起源。

第2章では人類の起源なわけです。

これらは、実際のものとは違いがあるかもしれませんが、それらがなぜそのように記されているのかに注目することで、当時の人々の考えていたことなどがうかがえると思います。

続いての第3章が楽しみになってきました!

それでは今回の記事は以上になります!

また次回の記事でお会いしましょう!

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です