自作の槍を使っての鯉捕獲作戦!in多摩川

自作の槍を使っての鯉捕獲作戦!in多摩川

どうもタイソンです!

夏休み企画として僕は、サバイバル企画をやっていたんですが、その一番最後の企画として多摩川で鯉を捕ろうということにしたんです。


鯉捕獲作戦の装備紹介

先ずは今回の作戦で使う装備の紹介から始めます!

 

装備一つ目は味噌!

この味噌は、鯉をおびき寄せるための餌になります!

賞味期限がとっくのとうに切れているので、たっぷり使っていきましょうww

装備二つ目は三角巾。

あまり関係ありませんがロシアのスプラフ社のものになります。

結構気に入って使ってます。

装備三つ目は麻紐。

これはお決まりですね!

長さは自分の身長くらいにしておきます。

そして、最後の装備は前回作った自作の槍になります。

槍製作の記事へはここをクリック!

これらの装備を使って今回は鯉を取っていきたいと思います!


作戦準備

先ほど紹介した装備の使い方を説明していきます。

先ずは三角巾を広げて、そこに味噌を出していきます!

味噌を出したら三角巾で包み、麻紐でしばっててるてる坊主みたいにします。

味噌を包んだら麻紐の先を腰に固定して完了です!

これで準備は終わったので早速水に入っていきたいと思います!


作戦開始

腰に餌を下げながら槍を片手に入水です!

槍は立った状態から攻撃しやすいように結構長いものを作ったので結構目立ちますねww

餌を沈めて握り、中の味噌を染み出させます。

下流の鯉がつられてくるまで待ちます…

しばらく待っていると、目視で鯉が近くまで来ているのが確認できます!

僕は、立ったまま波を立てないようじっとします。

しかし、どうしても鯉にこちらの存在がばれてしまい、槍の攻撃範囲に入ってくれません…

待ち伏せ作戦から遊撃戦に移り、鯉の影を見つけては追いかけて行ったのですが、流石に魚類に水中戦ではかないませんww

わかりきったっことではあるんですが、鯉の方が断然速いんですwww

陸の生物が水中の生物と川の中で戦うのは無理があると理解し、僕はまた待ち伏せ作戦に戻ります。

しばらくの間、立ち続けて待っていたんですが、この場所では槍を使うタイミングは訪れませんでした…

川から上がった時にバシャバシャと音がするのでその方向に目をやってみると、結構大きめな鯉の姿がありました。

画像右側に鯉の背ビレが見えると思います。

これを見た僕は、もう一度挑戦することに!


今回の最後の挑戦

場所を変え、最初の場所よりも上流でまた待ち伏せ作戦をすることに…

人の少ない早朝に始めたのですが、何だかんだで時間は過ぎ、日が昇って辺りが明るくなってきました。

自転車の人たちも増えてきて、流石に迷彩服で槍片手に川に入ってる大人がいたら、びっくりさせちゃうと思い、僕はこの場所でこの日は最後にしようと決めました。

鯉の姿は見えますが、完全に僕の存在に気づいて、僕の餌によってこようとはしません。

結局、僕は何も捕れないまま、この日の作戦を終了しました。

動画も撮影していたんですが、やらせをやるわけにもいかないので、捕れなかった様子を撮りましたww

まぁこれで、また次回挑戦するための理由ができたということで…

この鯉捕獲作戦は、僕のYouTubeメインチャンネルに動画が上がっているので、是非とも見に来てください!

ということで今回の記事は以上になります!

また次回の記事でお会いしましょう!

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です