クラブジャグリング基礎安定の為に”423”を練習!

クラブジャグリング基礎安定の為に”423”を練習!

どうもタイソンです!

今回はジャグリングについて記事を書いていきたいと思います!

一度僕は、サイトスワップについて記事を書いたんですが、あれ以降どうもサイトスワップを完璧に落とし込むことができずにいて、結局投げ出してしまいました。

なのでサイトスワップを見てもボールの動きが全く分からない状態に戻ってしまいましたww

まぁそのサイトスワップについてさわりだけ紹介しているので、興味のある方は見てみてください。

『ジャグリングを数字で表す!サイトスワップとは?基礎編』


”423”は、ジャグリングの基礎練習に効果的?

それでは本題に入ります。

今回、僕はクラブジャグリングの基礎練習として423というパターンを練習しました。

423での軌道をわかりやすく言えば、3つのうちの2つは、それぞれの手の上を飛び続けて残りの1つは左右の2つと入れ替わりで、右の手から左の手と言ったように交互に移り続けます。

カスケードとカラムがある程度出来るようになったら、基礎的な道具の扱いにより慣れていくために423は有効なのではないかと思い、僕は基礎練習に取り入れたわけです。

カスケードをずっとできるからといって、まだまだ安定しているとは言えないので、いくつかのパターンを練習する必要があると思うんです。

クラブなんかはボールと違い、特に挙動を覚える必要があるので今後も基礎的な練習を続けていこうと思っています。


その他の基礎練習に有効なパターン&技

・42

・522

・テニス

・チョップ

・フラットスロウ

・トラウト

・ハイトス

こんな感じでしょうか…

もしよかったら基礎編でやってみてください!

今回は以上です。

ちなみに423の練習動画もYouTubeに投稿されているので、時間があったら見に来てください!

クラブジャグリングをやっている皆さんも一緒に頑張りましょう!

僕も早く人前でできるレベルまで行けるように頑張っていきます!

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です